この時代でも出会いの場はすくないのか

少子高齢化社会が叫ばれてかなり時間が経っていますが、その少子高齢化社会になっていく大きな要因として晩婚化が進んでいることが影響しています。しかし、最近の状況を見てみれば、晩婚化というよりももっと状況は悪くなっている未婚化、非婚化が進んでいるように思えます。

最近の調査によれば、生涯未婚である人がどんどんと増える一方ですし、未婚でも構わないという人の割合も増える一方のようです。しかし、もっとも多いのは機会があれば結婚したいという人も多数いることも間違いありません。そして、機会があれば結婚したいという人が結婚したい理由の多くが出会いがないということを上げる人が多いようです。

理由としては出会いがないということが多く挙げられているのですが、現代社会で出会いがないというのはちょっと違和感があるのはどうしてでしょうか。昔と比べるまでもなく、現代の方が出会いの方法や場がたくさんあるのは間違いないと思います。出会いがないから結婚したくても出来ないというのは結婚しない人の言い訳のようにどうしても聞こえてしまいます。いい人がいれば、いい出会いがあればなどというのは、自分が動かないで向こうの方からいい人や出会いがやってくると考えているのではないでしょうか。そのような考え方の人が増えているとすれば、出会いの場がないということも少しは納得できます。希望するものを自分からつかみに行かないと得られないというのは今も昔も変わりはありません。おすすめはPCMAX一択です。