飲み友達が転職した話

飲み友達がアルバイトから正社員として働くことになりました
その友達は42歳で一度仕事をやめてアルバイトをしていました
彼は奥さんと5人の子供さんとで暮らしていて当時はアルバイトを昼間の飲食店と深夜のビルや駅の清掃業務をして家計を支えていたそうですが
ある日僕に「やっぱり体がきついし、一つの仕事に絞ろうかな」と言ってきました
しかし、彼は良くも悪くも人への好き嫌いが激しくなにか仕事を紹介しようにもそこがネックでした
色々考えた結果、タクシードライバーがいいんじゃないかと思い勧めてみると、彼も乗り気のようでさっそく紹介したタクシー会社に連絡をして面接のアポイントメントを取り、採用されることになりました
彼はバスやトラックを運転していたこともあり、二種免許を取得していたので軽い研修ですぐに実地に入ってました
その一ヶ月後様子を聞いてみると、お客さんの対応だけならば全然問題なくほとんど一人で仕事をしてるようなものだから大分楽になったと言っていました
最初は少し心配でしたがその後もなんとか続けているようなので安心しました

You may also like...