初めてできた彼氏との夏祭りの出会い

大学1年生の夏。地元から離れた大学に進学し、1人暮らしをしていた私は、夏休みを利用して地元に帰省していました。帰省中のある日、高校時代の友達AからB町で行われる夏祭りに行こうと誘われました。B町はAの地元で、私の地元の隣町であり、以前にも数回行ったことのある祭りでした。懐かしい思いと、久しぶりに高校時代の友達に会いたいという思いが出てきた私は、高校時代に仲の良かったC、Dも誘って行こうとAに連絡を返しました。祭り当日、事前に浴衣で行こうと相談していた私たちは、駅で待ち合わせをしました。

浴衣を着ていたこともあってか、卒業から5ヵ月しか経っていませんでしたが、みんな別人のように綺麗になっていました。私たちは、会っていなかった時間を埋めるように、会話が弾み、祭りなどそっちのけで駅で話をしていました。

そんな際に、いきなりAが多きな声を出して駅から出てきた1人の男性を指差し、そのまま走ってその男性の元へ向かっていきました。B町はAの地元であったので、知り合いでもいたのかなと、C、Dと話し、Aが向かった先に私たちも向かうことにしました。Aの元に向かうと、数人の男性グループがあり、その中の身長の高い、スポーツマン体系の笑顔が素敵な男性とAが話をしていました。これが後に私が付き合うことになるSとの出会いでした。Sは県外の大学4年生、Aとは地元が一緒で先輩、後輩の仲でした。見た目に1目惚れだったことに加えて、明るく、私たちとも楽しく話してくれるSに私は惹かれていました。

そのままSのグループと一緒に祭りを回ることになり、その最中にSが連絡先を聞いてくれました。祭り後、交換した連絡先に勇気を出して連絡し、そのまま連絡が続き、しばらくしてSから告白され付き合うことになりました。大学生時代に初めて彼氏ができた素敵な思い出です。

この時代でも出会いの場はすくないのか

少子高齢化社会が叫ばれてかなり時間が経っていますが、その少子高齢化社会になっていく大きな要因として晩婚化が進んでいることが影響しています。しかし、最近の状況を見てみれば、晩婚化というよりももっと状況は悪くなっている未婚化、非婚化が進んでいるように思えます。

最近の調査によれば、生涯未婚である人がどんどんと増える一方ですし、未婚でも構わないという人の割合も増える一方のようです。しかし、もっとも多いのは機会があれば結婚したいという人も多数いることも間違いありません。そして、機会があれば結婚したいという人が結婚したい理由の多くが出会いがないということを上げる人が多いようです。

理由としては出会いがないということが多く挙げられているのですが、現代社会で出会いがないというのはちょっと違和感があるのはどうしてでしょうか。昔と比べるまでもなく、現代の方が出会いの方法や場がたくさんあるのは間違いないと思います。出会いがないから結婚したくても出来ないというのは結婚しない人の言い訳のようにどうしても聞こえてしまいます。いい人がいれば、いい出会いがあればなどというのは、自分が動かないで向こうの方からいい人や出会いがやってくると考えているのではないでしょうか。そのような考え方の人が増えているとすれば、出会いの場がないということも少しは納得できます。希望するものを自分からつかみに行かないと得られないというのは今も昔も変わりはありません。おすすめはPCMAX一択です。

バイト先での不倫関係

私の出会いは大学1回の夏だった。当時バイト先の上司だった女性(既婚)と男女の関係を持った。立派な不倫である。

彼女は旦那のDVによるストレスから逃れるために仕事を続けていたらしい。その中で私のような若者と接する時間が新鮮に感じ私といる時間を幸せに感じてくれていたようだ。

しかし私は、この関係に後ろめたさを感じずにはいられなかった。最初の頃は理解の上での関係であったが、段々と彼女の優しさに惚れ込んでしまっていた。お互い理解のある関係であったから、周囲に私たちの関係を知る人間はいなかったし、今後も知られるようなことはないと思っていた。

そんな関係に私は限界がきてしまった。なにより、時折彼女が見せる疲れた表情、旦那によるDVの痕に耐えられなくなってしまったのだ。

私は彼女に自分の気持ちを素直に伝えた。彼女は驚いた様子だった。何せこれまで家庭のことには踏み込んだことが一度もなかったからだ。彼女は溜め込んでいたのだろう。驚いた表情が消え、涙をこぼしながらこれまで溜め込んでいた気持ちを私に語り始めた。旦那と別れたいこと、私が大学生だから気持ちを抑えていたこと、本当にたくさんのことを話してくれた。

私は彼女を説得して彼女の家に乗り込むことにした。彼女は止めようとしたが、頑なに考えを変えない僕に諦めたのだろう。

ついに私は問題の旦那に会う。なんともイカれた野郎だった。私は彼女との関係を打ち明けた上で裁判沙汰になってもいいよう書類や証拠を持ち出し、怒鳴り散らした。

ここまで大事になるとは予想してなかったのだろう。彼は素直に謝罪し、離婚することを認めた。

彼女は安心して涙を流した。

大学生活も終わりが近づいてきている。結婚ももう間近だ。

マッサージを受ける時の雰囲気って大切

女性はその場所の雰囲気や印象もとても重視します。そのためにマッサージ店に入った時もそのお店の匂い、雰囲気、明るさ、店員の対応など全てが気になるし、それで今後もリピーターになるかどうかということを決めることもあるのですね。

名古屋 女性専用 マッサージ店ではそのような女性の要望に合わせた、リクエストに答えたマッサージ店がたくさんあります。女性らしい店内、また明るいけれど、落ち着くこともできるリラックス空間。また店内の匂いにもこだわっています。また女性専用マッサージ店は個室制になっていることもほとんどであり、使用するシーツやバスタオルは一回ずつ交換をして清潔を保つなど衛生的にも配慮されています。そのためにより清潔感がかんじられるのですね。

またマッサージ後に紅茶のサービスなどもあることもあり、またいきたいと思わせてくれるマッサージ店が多いのです。

コレステロール値低下の決め手は…

前回の健康診断でコレステロール値の高かった私。

食生活の改善と適度な運動を指導されました。

このままでは、将来的にコレステロール値を下げる薬を飲まなくてはいけなくなるかもと言われ、

頑張って、食生活を改善する事を決意。

揚げものと甘いものを出来るだけ控える事にしました。

この甘いものを控えるという事が結構、大変でちょっとしたおやつという誘惑が毎日のようにあります。

でも、それも泣く泣く我慢して、更に、毎日、少しずつの運動をしました。

そして、半年後の健康診断では見事に正常値までコレステロール値を下げる事に成功。

すごく、嬉しかったのですが、先生から一言。

「この生活を続けていかないと、また上がりますよ」と…。

どの頑張りがコレステロール値の低下に結びついたのかもわからないので、全てを続けなくてはいけません。

運動も大変だし、甘い物も食べたいし…。

やるなら、一つずつ試していった方が良かったのか…。

でも、それでは結果が出なかったかもしれないし。

とりあえずは、コレステロール値が下がったので良かったです。

ストレスがたまらない程度に、この生活は続けて行こうと思うのでした。

中国語のクラスに行ってきました

台湾のドラマが見たくて、中国語を習い始めました。一時期、韓国ドラマにはマイ、韓国語クラスにも行ったこともあるけど、職場が変わってから、ビデオを見る時間がなくなり、いつの間に遠ざかってしまっていました。それが、台湾のかっこいい俳優さんが出ているドラマをテレビでやっていて、字幕ではなく、言葉を理解したいと思うようになり、思いきって中国語を習うことにしました。ちょっと簡単に考えすぎていた自分に反省です。若い頃のように習ったことがすぐに頭に入ってこないです。プライベートレッスンにしたので、先生から丁寧に、教えてもらえますが、発音の難しさと言ったら想像以上の難しさでした。

台湾人の先生に言わせると、日本語の方がずっと難しいよ!と言ってました。フランス人の知り合いが、中国語とフランス語は発音が似ているから、中国語を発音できるようになったら、フランス語も夢じゃないよと言われ、ちょと夢が膨らみました。

語学を習うのが大好きなので、難しさには負けないよう、途中でギブアップだけはしないように、ドラマが字幕なしで見れることを目標に、今日も中国語の宿題を頑張ります。